秋分ごろの体調



秋分が過ぎ、お彼岸の後半ですね。

天気の関係でお墓参りもままならない感じですよね。


前回書いたように、秋分は様々な要素を含んでいて日常においても、人生においても重要なポイントです。


お彼岸でもありますので、

この世とあの世の境目にいるようなものでもあります。


1年を1日に当てはめると

夕方のたそがれ時です。


夜と昼の境目で特殊な時間帯ともいえますね。



身体的には

昼と夜の切り替わり時で自律神経が行き来して

シフトしていく関係で

自律神経の嵐などと表現する事があります。


なんとなく物悲しさが出てきたりしますね。


感情も良いものも都合が悪いものも含めて

揺さぶられ、ゆらぎます。


これを一年に戻して観察してみても似たような現象があります。


下の図で秋分の前後に一回り大きな三角形の部分があります。

ここが、1日でいう自律神経の嵐の期間で、

医療機関にいると

不安や自律神経のバランスを崩したような、変な違和感や、それに伴い胃腸(特に胃痛)が変な感じがして受診してくる方が多くなります。



大体秋分の前後2週間です。


これは、土用の落ち込みとはまた違った現象です。

そして全く問題ありません。


とは言っても、不安や不調が出易い方もそれなりに多いものです。


医療機関で検査しても、殆ど何も無い事がおおいです。

なので、不調の場合は、生活のサイクルを整えながら、

体調を整えてくれる施術者のところに行くのがいいでしょう。

勿論、こちらのマルヤマ・カイロスペースも得意です。


あと10日から長ければ14日ほど、体調の揺さぶりがあります。


気になる方はサロンにお越し下さい。

https://www.karada-farm-aqua.com


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示