「最適化」というキーワード(新嘗祭を前に)


こんにちは。


来週から二十四節気では「小雪」

気温も一段階下がる様子で、冬の気が増してきている感じが体感でも現れてきそうです。


今日は私が2年半程前に施術をやり始めた頃より意識してきた「最適化」というキーワードについて。



五反田にサロンを開いてから特に意識してきたのが脳と意識の最適化でした。


世間でも、一年前にグレードコンジャンクションの話題で「風の時代」という単語が飛び交う様になってからとくにですが「最適化」という表現が様々なジャンルで見受けられるようになりました。


それまではコンピュータやネットで主に使われてきた言葉が脳や意識の領域でも日常的に使われる様になってきたのは、やはり時代が変化してきているんだな〜と改めて感じます。



サロンにとっては「脳の最適化」は

意識では素の自分であったり

本来の自分など表現したりしますが


日々ニュートラルゼロポイントに戻って

「問いかけ」、「気付き」、「創造し」ていく素地を再形成していく

この状態になっていく事を「最適化」と表現しています。


一般的にわかりやすくするために

自分らしく生きるとお伝えしていた事が多かったかと思います。


来年は、全体的に更に自分らしさや個性を大事にという様になりそうですので

この概念は当たり前になってきそうですね。



だいたい昨年の冬至から始まって

1ヶ月後の冬至までの期間で

今後の進み方のブループリントは見えて来るでしょう。

人によっては大きな変容につながった方もいるでしょう。



自分らしさというのは実際はつかみどころもありませんし

これからみなさん自身が変化していくので

これが自分だ!と表現はできないかもしれませんが


日々最適化しニュートラルな状態から新たな自分を生み出していけます。



11月23日は新嘗祭です。

全国の神社で公開・非公開はありますが行われます。

すごく簡単にいうと

そこの神様の来年(この1年)のパワーチャージの日ですね。

収穫したお米から命を頂くというニュアンスです。

天皇陛下にとっても全国の神官の頂点でもありますので重要な儀式にあたります。

令和元年の新嘗祭は大嘗祭だったのが懐かしい感じもしてきました。

新嘗祭もここでこの一年をリセットしニュートラルな状態からパワーを立ち上げるものです。


私たちもこの一年またはこれまでの古い概念を手放しながら

新たな未来へのパワーを立ち上げていくのが結果として自分らしさの空気感が醸し出されていきます。


最適化や自分らしさは、

固定されたものではなく

日々新陳代謝され更新されていくものです。


頭が曇って先が見えなくなってきたり

自分自身を見失ったような感覚があれば

ぜひサロンに来ていただくのも一つの方法ですよ。





2回の閲覧0件のコメント